最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

次男坊若さま修行中 初雷の祠 (コスミック時代文庫)

  • 52 読みたい
  • 15 現在読んでいるもの

発行元 千野隆司 .

    Download 次男坊若さま修行中 初雷の祠 (コスミック時代文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 次男坊若さま修行中 初雷の祠 (コスミック時代文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 次男坊若さま修行中 初雷の祠 (コスミック時代文庫) 無料で, 本の無料読書 次男坊若さま修行中 初雷の祠 (コスミック時代文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 次男坊若さま修行中 初雷の祠 (コスミック時代文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  千野隆司
    • レーベル:  コスミック時代文庫
    • シリーズ名:  次男坊若さま修行中
    • 発売日:  2018年02月23日
    • 出版社:  コスミック出版
    • 商品番号:  4914500340001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    安房館山藩一万石の二代目藩主・稲葉正武は四十四歳で隠居したが、後を継いだ三代目藩主は二十九歳で急逝してしまう。隠居ながら藩主として政を行う正武だったが、十二年が過ぎ、幼かった孫の正巳が藩政を担える歳になると、元の隠居の身分に戻り上屋敷から中屋敷に移った。そのとき伴ったのが、正巳の弟で部屋住みの正高だった。面倒事は嫌い、というのが正武の本音だが、お節介で結局は首を突っ込む質。一方、孫の正高は正義感が強く、不器用で融通が利かないところがあったが、祖父の言動に反発を感じながらも、逆らえずについてゆく。そんな折、館山藩御用達の魚油問屋の主から、藩に支払う七百両が狙われていると聞かされる……。書下ろし新シリーズ。

あなたも好きかもしれません

次男坊若さま修行中 初雷の祠 (コスミック時代文庫) by 千野隆司 ダウンロード PDF EPUB F2